ほっ。〜MINORU TANAKA UNOFFICIAL FAN SITE ほっ。についてプロフィールデータラウンジ(掲示板・チャット)レポートスペシャルリンク集
イメージ写真

お仕事データ

単発ドラマ 2000 - 2005年


タイトル 水曜プレミア
温泉へ行こうスペシャル〜世界で一番長い24時間〜
放送日 2004年11月9日(水)
放送時間 夜9:00-10:52 放送局 TBS系
役名 武藤健司 設定 「久松」支配人
制作 テレパック、TBS
脚本 石原武龍
P 矢口久雄(チーフP)、大高さえ子、原田知明
演出 藤尾隆
出演者 加藤貴子、田中実、加藤治子、西村雅彦、純名りさ、小倉久寛、鶴田忍、デビット伊東、藤吉久美子、長門裕之、藤村志保
web TBSオフィシャル
メモ
昼ドラ「温泉へ行こう」が2時間ドラマになって夜に進出。「4」の明るいノリでした。ヒロインが問題解決していくというわかりやすい展開で、安心して見ていられる内容だったのではないでしょうか。

スペッシャルなゲストも多数で、特に西村雅之さんが面白かった…(と思います)。登場人物がみんないい人でしたね。ちょっと水戸黄門に通じるところもありました。

…よくわかんないけど。

タイトル 女と愛とミステリー
捜査一課長・神崎省吾 椿の入れ墨をした女
放送日 2004年8月11日(水)
放送時間 夜8:54-10:48 放送局 テレビ東京系
役名 伊丹鉄也 設定 刑事
原作 高橋治「殺意の断崖」〜椿の入墨より〜(文藝春秋)
脚本 西岡琢也
監督 吉田啓一郎
出演者 渡瀬恒彦、川上麻衣子、中島ひろ子、斉藤洋介、
片桐竜次、不破万作
web テレビ東京オフィシャル
メモ
撮影は2004年2〜3月。
立て続けに刑事役、そして女と愛とミステリー。
出番も多く、重要な役どころでした。
髪型がいつもと違ってました。

タイトル 女と愛とミステリー
25時13分の首縊り 小樽・記憶喪失の女
放送日 2004年7月14日(水)
放送時間 夜8:54-10:48 放送局 テレビ東京系
役名 谷垣弘 設定 刑事
原作 和久峻三「25時13分の首縊り」(光文社文庫)
脚本 峯尾基三
監督 斎藤光正
出演者 古谷一行、国生さゆり、かとうかずこ、平泉成、遊井亮子
web テレビ東京オフィシャル
メモ
撮影は2004年3月頃。
久々の刑事役!と思ったら…でした。

タイトル 金曜エンタテイメント
夏木静子ミステリー アリバイの彼方に 3
放送日 2004年5月14日(金)
放送時間 夜9:00-10:52 放送局 フジテレビ系
役名 久武朗 設定 レストランオーナー
原作 夏木静子「システムの穴」(文藝春秋)
脚本 石原武龍
監督 鶴巻日出雄
制作 フジテレビ、東阪企画
出演者 小堺一機、かとうかずこ、谷啓、あき竹城、関口知宏、渡辺梓
web こちらフジテレビ News
メモ
撮影は2003年秋頃。なかなか放送日が決まらずやきもきした作品。脚本は「温泉」シリーズでおなじみの石原氏。

タイトル 女と愛とミステリー 150回記念旅情シリーズ
旅行作家・茶屋次郎4 熊野川殺人事件
放送日 2004年4月7日(水)
放送時間 夜8:54-10:48 放送局 テレビ東京系
役名 三浦信介 設定 喫茶店マスター(画家)
原作 梓林太郎「紀伊半島 潮岬殺人事件」(祥伝社)
脚本 長谷川康夫
監督 鶴巻日出男
出演者 橋爪功(茶屋次郎)、久本雅美(春川真紀)、
角野卓造(山倉晋吉)、大谷直子(袋田和子)
岩崎良美、左時枝
web テレビ東京オフィシャル
本宮町観光協会によるレポート
メモ
撮影は今年(2004)2月頃。

タイトル 月曜ミステリー劇場「世直し公務員 ザ・公証人4」
放送日 2004年2月16日(月)
放送時間 夜9:00-10:54 放送局 TBS系
役名 水戸辰徳 設定 一級建築士(犯人)
製作 オセロット、TBS
P 赤司学文、石川好弘
脚本 金谷祐子
監督 増田天平
出演者 渡瀬恒彦(真山壱成)、蟹江敬三(天野正直)、
神山繁(中嶋充康)、尾美としのり(中嶋修平)、
竹内都子(稲葉里美)、沖直未、犬塚弘、片桐竜次
web TBSオフィシャル
メモ
竹内都子さんのお見合い相手で一級建築士。パソコンがばりばりできる人…に見えましたね。スーツではなくラフなスタイルだったので、コアなファンにはたまらなかったのでは?
「路」の時はイッちゃってた目が、今回は悲しい目。親友を殺してしまい、さらに見合い相手(恋人未満?)をも殺そうとする。忘れ物があったと事務所に帰ってきたあの時から釘付けになりました。
撮影は昨年(2003)末。

タイトル 月曜ミステリー劇場「森村誠一サスペンス3 路」
放送日 2003年7月21日(月)
放送時間 夜9:00-10:54 放送局 TBS系
役名 大田道夫 設定 犯人
製作 スイート・ベイジル、TBS
原作 森村誠一「路」(光文社文庫・刊)
脚本 石倉保志
P 吉田由二
監督 小澤啓一
出演者 三浦友和、野際陽子、原日出子、山田純大、吉本多香美、冨家規政、並樹史朗
web TBSオフィシャル
あらすじ
過去を清算するために家を売却して失踪した兄を信じる妹と、その妹に恋心を抱く若い刑事を中心に、複雑に絡んだ事件が描かれる。
メモ
奥さんの父親が経営するお店を継いだ為か、発言権があまりない情けない旦那さんだったのに…。すぐに犯人ってわかってしまいました。
最後は長々と犯行について語って終わり。これは最近のサスペンスのパターン?話の持って行き方が強引では…。そんな中で犯行を語る時の実さんの狂気的な目はマジで怖かった。

タイトル 土曜ワイド劇場
「おばはん刑事!流石姫子(7)」
横浜港涙の連続殺人引き裂かれた母と子!」
放送日 2002年9月7日(土)
放送時間 夜9:00-10:51 放送局 テレビ朝日系
役名 後藤一孝 設定 大学病院医師
制作 テレビ朝日、テレパック
脚本 田子明弘
P 今木清志(テレビ朝日)、西川惠雄、池澤辰也(テレパック)
監督 五木田亮一
主題歌 ZARD「promised you」(ビーグラムレコーズ)
出演者 中村玉緒、鶴見辰吾、柳沢慎吾、清水章吾、北村総一朗、中山忍、宮下直紀
メモ
実さんの泣きの演技が見られます。犯人。最後の方に出てくる喫茶店は、どこかで見たことがあるような…(刑事貴族?)。

タイトル 火曜サスペンス劇場「考古学者 佐久間玲子2」 
放送日 2002年6月18日(火)
放送時間 夜9:03-10:54 放送局 日本テレビ系
役名 岡野純平 設定 大学講師・助手
制作 日本テレビ、東宝株式会社
脚本 いずみ玲
P 杉山邦彦、市村朝一、塚田泰浩
監督 当摩寿史
主題歌 安全地帯「出逢い」(ソニーレコード)
出演者 宮本信子、田中美里、宮川一郎太、石丸謙二郎、寺田農、小野寺昭
メモ
「1」より確実に出番が増えて大活躍。おちゃらけたキャラだけど、最後の方はシリアスな部分も見せてくれて、ファンにはたまらない作品。ご本人曰く(書き込み)「温泉3」アップ後の2月25日頃より撮影に入ったとか。
2作目という事で、佐久間さんや純平君のキャラが立ってきた!佐久間先生は電話魔で、天ボケ。純平君は振り回されてます。
3作目では純平君のことは一切触れず。4作目があれば戻ってきて欲しい!

タイトル 女と愛とミステリー「豪華客船クルーズ殺人案内」
新婚初夜の夫殺し!?莫大な遺産のため死体と旅する花嫁極貧の女が夢みた天国と墜ちた地獄!ゆがんだ愛と完全犯罪の罠
放送日 2001年11月7日(水)
放送時間 夜8:54-10:48 放送局 テレビ東京系
役名 森賢治 設定 刑事
原作 カトリーヌ・アルレー「わらの女」創元推理文庫
脚本 西岡琢也
監督 黒沢直輔
出演者 室井滋、夏八木勲、佐野浅夫、梶原善
web テレビ朝日オフィシャル
メモ
今までにない役柄でしょう。珍しい喫煙シーンてんこ盛り。佐久間玲子より髪は伸びたが、黒く染めたはずの色が再び茶色に。これでちょっとイメージが違って見えてよかったかも。ストーリー的には、どうなんでしょ?

タイトル 火曜サスペンス劇場「考古学者 佐久間玲子」 
放送日 2001年10月23日(火)
放送時間 夜9:03-10:54 放送局 日本テレビ系
役名 岡野純平 設定 大学講師・助手
制作 日本テレビ、東宝株式会社
脚本 中原悦子
P 杉山邦彦
監督 黒沢直輔
出演者 宮本信子、黒田福美、上杉祥三、室田日出男、石倉三郎、大西結花
メモ
タイトルからしてシリーズ化しそうで、そうなれば助手岡野君はレギュラーやん!と嬉しくなったドラマ。しかも北陸が舞台。プルーフからの流れで若々しい短髪。一部ではファンサービスとも言われた上半身裸になるシーンあり。個人的にはそれより、すんごい汗かいてシャツがびしょ濡れの方が気になった。あと、観光するときのご陽気な帽子姿とか。
佐久間先生の助手だけど、そんなに出番は多くなかったものの、明るいキャラを久々に見ることができた…かな。

タイトル 金曜エンタテイメント
「ミステリー作家 小春センセイの事件簿」

心やさしい新ヒロイン探偵登場!!殺人事件現場に残されたイヤリングに刻まれた愛憎劇
放送日 2000年9月22日(金)
放送時間 夜9:00-10:52 放送局 フジテレビ系
役名 片岡俊郎 設定 片岡ビル社長
制作 イースト、フジテレビ
脚本 深澤正樹、谷津弘幸
P 三宅川敬輔
演出 日名子雅彦
出演者 森光子(椿小春)、上原さくら(鈴木鮎美)、益岡徹(沼尻徹太郎)、大路恵美(片岡智子)、中原果南、松澤一之
メモ
なんだか印象が薄いです。何度か見ているにも関わらず。

タイトル 月曜ドラマスペシャル
「浅見光彦シリーズ(13) 「須磨明石」殺人事件」
放送日 2000年3月27日(月)
放送時間 夜9:03-10:54 放送局 TBS系
役名 吉村春夫 設定 明石焼職人
制作 テレパック、TBS
原作 内田康夫(徳間文庫刊)
脚本 石原武龍
演出 佐々木章光
出演者 辰巳琢郎(浅見光彦)、網浜直子(吉村奈美江)、馬淵英里何(崎上由香里)、ふせえり(篠原愛子)、田中千代(前田淳子)、金田明夫(川上刑事)、柳沢慎吾、村井国夫、加藤治子
あらすじ
「明石原人」を取材中の新聞記者・前田淳子の失踪した事件をその新聞社から依頼を受けルポラーターの浅見光彦は、彼女の最後の目撃者で女子大の後輩・崎上由香里と捜査を始めた。

事件当日、須磨裏公園駅にいた男二人の足取りをたどって鉢伏山に向かった二人は、そこで淳子の遺体を発見。その後容疑者と思われる男1人が殺され、もう1人は行方をくらました。新たに第3の男として吉村春夫が浮かんできたが、彼には確かなアリバイがあった。

光彦があきらめかけたその時、吉村の妻・奈美江に疑わしい点が。春夫がかばおうとする中、奈美江は素直に犯行を認めた。全てはよくやく手に入れた幸せな家庭を守るためだった。
メモ
TBSの浅見光彦シリーズ13作目で、辰巳・光彦最後の作品。新聞のラテ欄で、実さんは2番目。

事前に原作本で予習しました。文庫本250ページ分を2時間でやるので、細かな部分がかなり抜けていて、吉村春夫の設定、奈美江の書かれ方が結構違います。また、夫婦の愛情劇は原作ではほとんど書かれておりません。ドラマの方が「涙」ものに仕上がってるみたいです。

ドラマの吉村春夫は明石焼職人。原作よりもずっと硬派なイメージのような気がします(パパな部分は別として)。

テレパック作品で実さん・網浜さんコンビ。今回は幸せにくらしていた夫婦役。でも、やっぱり幸せになれない…。で、やっぱりもとツッパリ。

出番は少なかったけど、最後の夫婦でのやりとり、あれを見てやっぱり2番目だと納得(?) 個人的にはふせさんとの絡みが欲しかったかも。ふせさんも金田さんもいい感じの役回りでした。

↑このページのトップへ